車に標準搭載のUSBポートによるスマホの充電スピードについて

車でのドライブしていると、通常よりもスマホのバッテリーの減りが早いと感じることはありませんか?

これは、車での移動の連続ですと、スマホが電波の基地局を次々と探しているためで、これにバッテリーを消耗しているためです。

また、遠出のドライブをする際には、スマホをカーナビとして使用される方も多いのではないでしょうか?

カーナビのようなアプリを使用した場合、更にバッテリーの消費は早まってしまいます。

最近の車は、USBポートが標準搭載されている車種が増えてきました。

このUSBポートで充電している方もいらっしゃると思いますが、車に標準装備のUSBポートは、音楽用に搭載されてものが多く、この場合、充電の能力としては0.5A程度の出力しかありません。

スマホの充電には、機種によっての違いはありますが、1~2Aの電流が必要です。

そのため、車の標準搭載のUSBポートのアプリを使用していたりすると、極端に充電が遅かったり、殆ど充電されなかったりします。

Wicked Chili のシガーソケット USBカーチャージャーは、ターボID機能を搭載しています。

これは、接続されたスマホに合わせた最適な電流を行う技術で、ドライブ中にアプリを使用した場合なんかでも、充電してくれます。

出力も2.4A×2ポートですので、たとえ、スマホより消費電力の大きいタブレットPCを2台同時充電したとしても、余裕を持って充電できます。

・ターボID×2搭載

アップル用      サムスン用     その他スマートフォン用

  

・ターボID+Quick Charge(クイックチャージ)3.0搭載

サムスン用     その他スマートフォン用
 

・ターボID+USB PD3.0(USB-C)搭載

アップル用      その他スマートフォン用
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Wicked Chiliオフィシャルサイト TA-CreativeYAHOOショッピング店
TA-CreativeWOWMA!店 TA-Creative