3カメラであおり運転対策 YAZACO P3 pro好評発売中

前後・車内 3カメラ ドライブレコーダー P3 pro

現在販売されているドライブレコーダーの多くは、2カメラモデルが主流となっておりますが、2カメラドライブレコーダーの場合、

①フロントカメラ+リアカメラ → 車内録画ができない
②フロントカメラ+車内カメラ → リアが録画できない

というように、どうしても死角が生じてしまい、あおり運転対策としては不十分な場合があります。

昨年発生した常磐道でのあおり運転によって、車内向けカメラが注目されましたが、この時の殴打された状況を捉えたドライブレコーダーは、②フロントカメラ+車内カメラモデルだったようですね。

もし、この時リアカメラもあったら、実際のあおり運転の状況から、全ての状況を捉えることができたのではないでしょうか。

弊社では、前後・車内全てを捉えることのできる3カメラモデル YAZACO P3 proの取り扱いを開始しました。

P3 proは

③フロントカメラ+車内カメラ+リアカメラ

の3カメラモデルとなります。このモデルは、フロントカメラはなんと800万画素 4Kの高解像度となっており、車内とリアカメラも共にフルHDとかなりハイスペックなモデルとなっております。

車内カメラがあった場合の利点は、

①万が一暴行を受けた場合、立証できます。

もちろん、窓を開けてはダメですが・・・。

②偽証をされた場合、立証できます。

「ながらスマホをしていた」
「よそ見をしていた」

など、偽証をされた場合でも安心です。

 

良くご質問いただくのが、

『360°カメラのほうが良いのでは?』

というご意見もあると思いますが、確かに360°カメラであれば撮り逃しも少なく、いい感じがします。

360°カメラの欠点としまして、360°カメラは極端な魚眼レンズとなるため、ナンバーを読み取ることができず、万が一の証拠能力としては低くなってしまいます。

3カメラであれば、ナンバー認識精度も高く、証拠能力としても効果を発揮します。

また、3カメラモデルは、何度かご紹介させていただいておりますMIGHTYCELLのような駐車監視バッテリーと組み合わせることで、駐車監視にも効果を発揮します。

駐車中もまるごと録画の新常識! 最大35時間駐車監視 ikeep製 ドライブレコーダー駐車監視用 急速充電バッテリーEN6000販売開始!
ドライブレコーダーの中には、走行中を録画するだけでなく、駐車中も録画できる駐車監視機能が付いているものもありますね。 私自身も、駐車中に当...
最大70時間駐車監視! 駐車中もまるごと録画の新常識 ikeep製 ドライブレコーダー駐車監視用 急速充電バッテリーEN12000販売開始!
以前にikeep製 ドライブレコーダー駐車監視用 急速充電バッテリーEN6000をご紹介させていただきましたが、その容量アップ版EN1200...



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Wicked Chiliオフィシャルサイト ALinks楽天市場店
TA-CreativeYAHOOショッピング店 TA-Creative
スポンサーリンク